Home > 공지사항 > 공지사항
 
제목 : ソウル半導体、Acrich MJT 2525でミッドパワーLEDに新基準
작성자 : 관리자 작성일 : 2014-05-29 조회수 : 256
내용 :


- 2.5mm x 2.5mmの超小型サイズ、高いlm/$が特長のミッドパワーLED
- Acrichの長所はすべて生かして、LED電球に必要なトータルコストを削減

韓国ソウル市—2014(発光ダイオード)専業メーカーのSeoul Semiconductor Co., Ltd. (本社:韓国ソウル市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」Acrich MJTの新シリーズであるMJT 2525パッケージをリリースしたと日明らかにした。MJT 2525パッケージは、ミッドパワーからハイパワーに及ぶ広いパワーレンジで駆動可能で、既存のミッドパワーに比べてルーメン密度を最大で倍以上に高めており、高めています。

2.5mm x 2.5mmの超小型パッケージのMJT 2525は、ハイパワーパッケージの性能に近い、IF = 40mA95lm (typ)の光束を提供します。たとえば、の電球に応用する場合、などの既存のミッドパワーと比較して、%以上削減するだけでなく、これに伴う基板面積も大幅に削減します。また、この製品は、超小型パッケージに適用が難しかったドーム型レンズを使用して、指向角を倍以上に広げて、最新トレンドである全方向(Omni-Directional電球に使えるように設計されており、特に電球やキャンドルライトなどの小型照明アプリケーションに適しています。MJT 2525パッケージは、Multi-Junction Technology)チップを採用した、VFAcrichミッドパワーパッケージとなっています。この製品は、高電圧、低電流で駆動することによって、部品点数を削減し、コンバータのサイズを削減するだけでなく、発熱を緩和し、関連コストを最大も節約することができます。また、 MJT2525のいずれの電源でも駆動可能です。一般的に、多くのチップを物理的に接続して、複雑な回路を構成していた方式とは異なり、の場合は、チップ内に多くのジャンクションを実装しているため、故障率が低くなり、照明デザインにより自由度を持たせることができます。ソウル半導体の照明営業本部Executive Vice PresidentJay Kim新たに投入したMJT 2525は、既存のパッケージに比べ照明システムの生産コストを%以上抑えた画期的なAcrich製品です」と述べ、MJT 2525のコスト効率()は、市場最高水準であるため、リリース前にもかかわらず、電球、キャンドルライト、ダウンライトなどのアプリケーションを中心に、当社の戦略取引先から既に月1,000万個レベルの受注を確保しています。これは、シリーズが現在の照明市場のトレンドをリードする製品であることを証明しています」とコメントを発表しています。ソウル半導体のMJT 2525 3700KWarm White)が優先リリースされており、ソウル半導体の販売代理店を通じて購入が可能となっています。

*ソウル半導体について

米国の市場調査会社ストラテジーズ・アンリミテッド(Strategies Unlimited)によると、ソウル半導体は、位の規模を誇る世界的な専業メーカです。11,000件以上の特許を使用して、差別化技術および製品を追求し、革新的な独自技術製品の「アクリチ(Acrich)」および「nPola」をはじめ、深紫外製品など、世界的な技術と製造能力を有しています。現在、世界につの現地法人を含め、韓国、アメリカ、中国、台湾に大生産拠点を構え、の海外事務所、そして社の販売代理店網を通じて高品質製品を提供しています。また、ソウル半導体は、優秀な人材を誘致するために、継続的な国内外の企業の社会的責任活動や奨学金支援、そして産学連携の研究や教育プログラムなどの「 World Top LED」企業のビジョンにふさわしい人材を迎え入れ、育成するために継続的な活動を行っています。ソウル半導体および製品技術については、ウェブサイトwww.seoulsemicon.com/jp/ の各種ページをご参照ください